映画『貌斬り KAOKIRI』初日舞台挨拶ほか1週目:映画愛に溢れた上映中イベントを細野辰興自らプロデュース。

11.25.2016 · Posted in domestic, movies, news, tweet
細野辰興監督作品

貌斬り KAOKIRI~戯曲「スタニスラスキー探偵団」より~

12/3(土)公開に合わせ、映画愛に溢れた上映中イベントを細野辰興自らプロデュース。初日舞台挨拶は草野康太、山田キヌヲ、和田光沙、金子鈴幸、向山智成、森谷勇太、森川千有、南久松真奈、日里麻美、嶋崎靖、佐藤みゆき、畑中葉子、木下ほうか、細野辰興(登壇予定)。ほか1週目イベント決定。

[2016.11.24]

細野辰興監督10作目となる最新作『貌斬り KAOKIRI~戯曲「スタニスラスキー探偵団」より~』(12/3より新宿K’s cinema都内独占/配給:マコトヤ)の上映中イベントが決定したのでお知らせします。

ゲスト選択と交渉、トーク構成、MCまでのすべてを本作監督の細野辰興が担当。

本作に対する高い評価は、湯布院映画祭以来マスコミ試写で見た人たちからも途切れることなく、公開が近づくに伴ってその熱量がいや増しております。監督の作りたい思い、俳優たちの才能と努力、スタッフの技量と忍耐…製作から配給へ受け継いだ最強加速する熱量を、監督と同時に企画者でありインベスター・プロデューサーの一人でもある細野辰興へと振り戻し、作りたいものを作った監督と見たいものを見にきたお客さまとでダイレクトに喜びを分かちあおうとする試みです。

01_kaokiri_01_0305_kaokiri_21

『貌斬り KAOKIRI』の上映中イベント1週目は下記の通りです。

初日舞台挨拶/新宿K’s cinemaにて

❶12/3(土)18:10の回上映前 初日舞台挨拶

草野康太、山田キヌヲ、和田光沙、金子鈴幸、向山智成、森谷勇太、森川千有、南久松真奈、日里麻美、嶋崎靖、佐藤みゆき、畑中葉子、木下ほうか、細野辰興(予定)

❷12/3(土)20:45の回上映前 簡単な舞台挨拶

トークイベント/新宿K’s cinemaにて

③12/4(日)18:10の回上映終了後 主演俳優の闘い 草野康太の場合:草野康太×森谷勇太×細野辰興

④12/5(月)18:10の回上映終了後 舞台初演『スタニスラフスキー探偵団』からの変遷:和田光沙×向山智成×細野辰興

⑤12/6(火)18:10の回上映終了後 細野映画の現在、過去、未来:佐藤利明氏(娯楽映画研究家)×細野辰興

⑥12/8(木)18:10の回上映終了後 映画と事件:伊藤彰彦氏(『映画の奈落 北陸代理戦争事件』著者)×細野辰興

⑦12/9(金)18:10の回上映終了後 主演俳優の闘い 山田キヌヲの場合:山田キヌヲ×細野辰興

2週目イベントも企画中。決定次第お知らせします。

日本映画史上最強のスキャンダルがモチーフ、圧倒的な知識と空前絶後のセリフが押しまくる超重量級エンタテインメント映画。
【STORY】大入り満員の千秋楽。開演間近の楽屋は混乱していた。助監督役の俳優が逃走、主演女優は降板したいと言い出した。「演じることが怖い」と。「絶世の美男俳優・長谷川一夫の顔斬り事件をモチーフにした映画の脚本会議で七転八倒する監督をはじめとするスタッフたちはスタニスラフスキーメソッドを使ってリアルな仮説を導きだすことに…」果たして映画化は実現するのか、という舞台。果たして舞台は幕を降ろすことができるのか…。
【CREW&CAST】草野康太 山田キヌヲ 和田光沙 金子鈴幸 向山智成 森谷勇太 森川千有 南久松真奈 日里麻美 嶋崎靖 佐藤みゆき 畑中葉子 木下ほうか 脚本・監督:細野辰興 撮影:道川昭如 照明:伊藤侑貴・荒井保 録音・編集:若林大介 美術:金勝浩一 舞台美術:照井旅詩 音楽:籔中博章 助監督:有馬達之介 プロデューサー:細野辰興 日下部圭子 杉山蔵人 製作:細野辰興 日下部圭子 杉山蔵人 オフィスキール
【SPEC】2015/日本/カラー/16:9/DCP(一部BD)上映/5.1ch,2.0ch|DCP,BD/143分/マコトヤ
12/3(土)〜新宿K's cinema、12/10(土)〜名古屋シネマスコーレ、1/14(土)〜中洲大洋 ほか全国順次
Bookmark and Share