『KOTOKO』第68回ベネチア国際映画祭 オリゾンティ部門グランプリ(最優秀作品賞)&併設部門シルバーマウス大賞(57の映画サイトの評論家が選ぶNO1)、W受賞の快挙!

09.13.2011 · Posted in domestic, news, tweet

[2011.9.10 マコトヤ発信/イタリア、ベネチア]

9月10日(日)15時、イタリア・ベネチアで開催中の第68回ベネチア国際映画祭で正式上映された塚本晋也監督最新作『KOTOKO』(マコトヤ配給)が、オリゾンティ部門グランプリ(最優秀作品賞/Il Premio d’Orrizonti)と、13時に発表された併設部門でシルバーマウス大賞(Silver Mouse)をW受賞の快挙となった。

グランプリ受賞となったオリゾンティ部門(Orrizonti Section)は、メインコンペ(Venezia68)作品を上回る斬新性と先鋭性のある作品を集めたコンペティション部門。2003年に『六月の蛇』が、後にオリゾンティ部門に発展していくコントロコレンテ部門で審査員特別大賞を受賞している。

19時からのメインコンペ受賞を含む、クロージングセレモニーに続いて行われた記者会見での塚本晋也監督コメントは「まだ実感がわきませんが、大変に光栄です。この映画にたくさんのものを注いでくれた主演のCoccoさんに、この賞をささげます。いま日本では悲しいことがたくさんあります。大事な人をとてもとても心配する人がたくさんいます。この映画を、心配しすぎて心をいためているすべての人の捧げます」

シルバーマウス(Silver Mouse)受賞となった併設部門は、57の、イタリアの映画WEB SITEの評論家が選ぶNo.1映画(The Italian Web Critics Awards)。ゴールデンマウスはメインコンペ出品作から、シルバーマウスはメインコンペ以外のベネチア映画祭出品作から選ばれる。ネットでの人気投票ともいえるこの受賞はまさしく『KOTOKO』の人気ぶりを表している。

2011/9/10『KOTOKO』第68回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門グランプリ受賞式

2011/9/9『KOTOKO』PHOTO CALL

2011/9/9『KOTOKO』公式記者会見

2011/9/8 2100『KOTOKO』WORLD PREMIERE 

2011/9/8 2100-『KOTOKO』WORLD PREMIERE

2011/9/8 2100-『KOTOKO』WORLD PREMIERE

Bookmark and Share