『プリミ恥部な世界-ALL FILM VERSION』シンガポール美術館で開催中の 東京発現代アート展「Trans-Cool TOKYO」クロージング作品としてワールドプレミア上映!

12.03.2010 · Posted in domestic, news, tweet

東京文化発信プロジェクトのひとつとして、平成22(2010)年11月19日(金)から平成23(2011)年2月13日(日)まで、シンガポール美術館(SAM)で東京発現代アート展 「Trans-Cool TOKYO Contemporary Japanese Art from MOT Collection」を開催中だが、映画部門で『プリミ恥部な世界-ALL FILM VERSION』が栄誉あるクロージング作品として正式招待され、ワールドプレミア上映されます。

映画上映は12/10-18までの金曜と土曜。上映作品は、鈴木清順監督「オペレッタ狸御殿」12/10、坂部康二監督ドキュメンタリー「奈良美智と旅の記憶」12/11、坪田義史監督伝記映画「美代子阿佐ヶ谷気分」12/17、平岡香純&白井剛史共同監督「プリミ恥部な世界」は松本貴子監督 ドキュメンタリー映画「草間彌生~わたし大好き~」に続いて12/18 17:30よりクロージング作品として上映されます。

今回の展示、Trans-Cool TOKYO は、シンガポール美術館(SAM)と東京都現代美術館(MOT)の共催。4,000点にのぼる収蔵作品(MOTコレクション)から日本の若手 アーティストを中心に44点を選び、草間彌生、森村泰昌から、90年代後半、日本のアーティストがポップカルチャーの中でどのように自らの表現のアイデンティティを築いてきたかを展覧する。中心となるのは、村上隆、奈良美智以降の、90年代に発表をはじめた若手作家であり、情報化、後期資本主義下の価値の多様化の自由と不安の中で、揺れ動くアイデンティティや他者との関係を多様な手法で表現したアーティストたち。Trans‐Cool = Cool(かっこよさ、洗練)を越えて、というタイトルは世界に向けてアジアのアーバンカルチャー ― 新しいCoolを提案するにあたり、東京が一つの発信地になることを意味しているという。

プリミ恥部な世界-ALL FILM VERSION-
監督:平岡香純白井剛史|日本|2010|ステレオ|スタンダード|70分|英語字幕付
花売り娘は、商店街を抜けると戦争が起こると信じているピアノ弾きの少年と出会うー。伝統的な物語展開でなく、予測不能な感情表現で、本作は、神と人間、男と女、夢と現実、ストリートとユニバース、といった境界を溶解させていく。それは、原始的な+極私的なものの言葉遊び「プリミ恥部」のようなもの。『プリミ恥部な世界』は白井剛史(プリミ恥部)のアルバム音源に、ロッテルダム映画祭出品の『落書き色町』監督の平岡香純と白井が映像を配置することからスタートした音楽&映像プロジェクト作品。2009年、このLIVE VERSION(その度にリミックスするため尺は変化)、ミュージシャンによるライブ(ときに舞踏)、体感反応する観客の三位一体で完成するライブショーとして全国ツアーを開始。たくさんのリクエストによって、2010年11月、映像作品と観客とで成立するALL FILM VERSION(70分)を完成。ストリート・ラブ・メッセンジャー 平岡香純とユニバーサル・ラブ・メッセンジャー 白井剛史のふたりは、もっと自由に“愛を伝える”ことができるようになりました。
予告編は→ http://www.youtube.com/watch?v=XSfPpcrshIE
国内&世界配給:マコトヤ/白井剛史(プリミ恥部)プロデュース&マネジメント:日下部圭子
Bookmark and Share