『アワ・ブリーフ・エタニティ』公開劇場は東京 名古屋に引続き、横浜シネマ・ジャックアンドベティは、12/4(土)から10(金)。大阪、神戸、京都、広島など続々決定!

11.03.2010 · Posted in domestic, news, tweet

2009年東京国際映画祭で絶賛された“愛の拒食症映画”アワ・ブリーフ・エタニティ/OUR BRIEF ETERNITY静かな共感がはじまった!

公開中の新宿K’s cinema、名古屋シネマテークではまだまだイベントが続き、横浜シネマ・ジャックアンドベティの上映は12月4日(土)から12月10日(金)。大阪、神戸、京都、広島での公開も続々決定。

横浜シネマ・ジャックアンドベティ 12月4日(土)- 12月10日(金)

初日=12/4(土)と2日目=12/5(日)記念イベントを企画中です。また、新宿で好評を博している写真展も継続予定。

■大阪 第七藝術劇場 ⇒ 新春

■兵庫 神戸アートビレッジセンター ⇒ 近日

■京都 京都みなみ会館 ⇒ 近日

■広島 横川シネマ ⇒ 近日 

新宿K’s cinemaにて絶賛公開中、今後のイベントは下記の通り。

音楽担当の関口純が、公開直後の10月25日(月)にロシアより1年ぶりの緊急帰国。福島作品を担当してきた関口と本作初参加ながら音響監督もつとめたUNpro by hidekiの音楽トークが決定。

■11/5(日)2245-2310 上映後:緊急トーク「OUR BRIEF ETERNITYにおける音楽、東京という音」

関口純(音楽)+UNpro by hideki(音響監督)+福島拓哉(監督) MC:インディーズホストNO.1鈴木康二

■11/7(日)2245-2310 上映後:公開中トーク3「気鋭の3監督の、僕たちの映画」

佐々木誠(『Fragment』監督)+卜部敦史(『SCOPE』監督)+福島拓哉(監督)

■11/19(金)まで 草野康太写真展『僕の、短い永遠。』期間延長

映画にリンクした、もうひとつの永遠―――写真の間に配置されたテキストも草野康太。

名古屋シネマテークはの公開中イベント。

11/6(土)2210-2240 2020からの上映終了後 福島拓哉監督舞台挨拶&トーク

名古屋大学映画研究会に籍をおき、名古屋シネマテークで映写技師をして、映画を肉としていった福島拓哉にとって、名古屋は第二の故郷。

インターネットから静かな共鳴がはじまっています。

以下『 アワ・ブリーフ・エタニティ 』に寄せられたコメントの一部。

■パワフルでパンチがある、とても素敵な作品! ■1回観ただけでわかったような気になっちゃいけない、奥が深い映画だ。 ■恋愛映画だと思ってたけど、深い!かっこよかった ■異常に映画を作りたくなった。 ■セリフ、映像、音楽が深く心に響いてくる。 ■生真面目な姿勢に好感が持てた。などなど。

Bookmark and Share