映画『アルビノの木』ポルトガル続いて台湾も三冠受賞で十冠達成、2018年4月シネマ・ロサで凱旋上映と金子監督特集!

12.21.2017 · Posted in domestic, movies, news, tweet, world

自然と人間の関係を真摯に見つめる金子雅和監督

 アルビノの木

鳴り止まぬ絶賛の嵐‼︎

ポルトガルの映画祭に続いてフォルモサ台湾国際映画賞でも三冠を受賞

世界に飛びだし、ついに堂々十冠達成‼︎

The Albino’s Trees won ten awards including 

BEST ASIAN PICTURE, NARRATIVE FILM AWARD OF JURY SPECIAL MENTION 

and DIRECTOR AWARD OF JURY SPECIAL MENTION 

- Formosa Festival of International Filmmaker Awards

2018年4月
「金子雅和監督特集」+「アルビノの木 凱旋上映」池袋シネマ・ロサ

 

自然と人間の関係を真摯に見つめる金子雅和監督最新作『アルビノの木』(配給:マコトヤ/2016年7月テアトル新宿で緊急レイト以降順次全国公開中)が、フォルモサ台湾国際映画賞2017(2017年12月9日 – 15日)で、最優秀アジア映画賞、審査員特別劇映画賞、審査員特別監督賞の三冠を受賞しました。本映画祭での受賞で世界十冠受賞となります。formosa_03

これまでの受賞

受賞 ◼︎最優秀アジア映画賞(フォルモサ台湾国際映画賞2017)◼︎審査員特別劇映画賞(フォルモサ台湾国際映画賞2017)◼︎審査員特別監督賞(フォルモサ台湾国際映画賞2017)◼︎特別賞(サンライト国際映画祭2017/ドイツ)◼︎最優秀長編劇映画賞(フィゲイラ・フィルム・アート/ポルトガル)◼︎最優秀監督賞(フィゲイラ・フィルム・アート/ポルトガル)◼︎最優秀撮影賞(フィゲイラ・フィルム・アート/ポルトガル)◼︎最優秀音楽賞(シネルファマ・リスボン国際映画賞) ◼︎最優秀撮影賞(ヴェステロース映画祭/スウェーデン)◼︎最優秀長編劇映画賞(コルカタ国際文化映画祭2016年度12月期)。

ノミネート ◼︎ヒューマンユニティ部門(オーロヴィル映画祭/インド)◼︎2017年金狐賞(コルカタ国際文化映画祭/インド)◼︎作品賞(シネルファマ・リスボン国際映画賞) ◼︎監督賞(シネルファマ・リスボン国際映画賞)◼︎脚本賞(シネルファマ・リスボン国際映画賞)◼︎長編劇映画部門(シルクロード映画祭2017/アイルランド)◼︎国際長編劇映画部門(ボーディサットワ国際映画祭2017)◼︎新人監督部門(北京国際映画祭/中国)。

待望の、金子雅和監督特集と『アルビノの木』凱旋上映は、池袋シネマ・ロサで、2018年4月。

2016年の緊急公開と同時に日本から飛びだし数々の受賞を重ねるalbino_main『アルビノの木』凱旋上映と、日本独自の自然との対峙を描いて世界での評価が益々先んじる金子雅和監督作品の特集上映が、2018年、池袋シネマ・ロサにて決定している。
全作品は次の通り。◼︎ショウタロウの涙(2000年/30分)◼︎すみれ人形(2007年/63分)◼︎鏡の娘(2008年/18分)◼︎こなごな(2009年/10分)◼︎失はれる物語(2009年/34分)◼︎復元師(2010年/29分)◼︎逢瀬(2013年/36分)◼︎水の足跡(2013年/30分)◼︎アルビノの木(2016年/86分)

【アルビノの木】村人が大切にしてきた白い鹿を撃つために、ひとりの若者が、山に入っていく。害獣駆除会社で働くユクの元に、多額の報酬の仕事の依頼が舞い込む。山間の村で「白鹿様」と言われる珍しい鹿を 秘密裏に撃つこと。害のない動物を殺すことに仄かな疑問を抱えつつもユクは村に向かう。病床の母のために、人々が大切に思っている命を奪うこととは…。東京で生まれ育った38歳の金子雅和が、自然と人間の関係性に対する疑問を集約させ見事に映像化。 北京国際映画祭正式出品ほか映画祭受賞多数。松岡龍平 東加奈子 福地祐介 増田修一朗 尾崎愛 細井学 松蔭浩之 松永麻里 山口智恵 山田キヌヲ 長谷川初範

[2016/日本/16:9/HD上映/5.1ch&2.0ch/カラー/86分/©kinone/製作:kinone /配給:マコトヤ/albinonoki.com]