『ワンダー・フル!!』初日 上映終了後場内からは自然と拍手がわきおこった:水江未来監督 初日舞台挨拶「自分の作品が劇場で上映されるのは夢の様なこと、嬉しい気持ちで一杯」

02.25.2014 · Posted in domestic, news, tweet, world

生命は踊る。噂のノンナラティブ・アニメーションムービー 

『ワンダー・フル!!』

初日上映終了後、場内からは自然と拍手がわきおこった
水江未来監督 初日舞台挨拶「自分の作品が劇場で上映されるのは夢の様なこと、嬉しい気持ちで一杯」

 

この2月22日(土)、噂のノンナラティブ・ムービー『ワンダー・フル!!』(配給:マコトヤ+CALF)がヒューマントラストシネマ渋谷で初日を迎え、監督の水江未来が舞台挨拶を行いました。

ドイツから4日前に帰国したばかりの水江未来が、ベルリン映画祭でも着用した細胞小紋の羽織袴姿<ワンダー・フル!!着物>で登場し、本作公開初日であると同時に、日本で初めて水江監督作品がまとまった形での上映第一日についての思いを語り、上映がはじまった。

■初日を迎えて■ すごい嬉しいです。アニメーションを作り始めて12年になりますが、自分の作品がこうして劇場で上映されるというのは、夢の様なことでもあるので、すごく嬉しい気持ちで一杯です。物語のない作品が80分続きます、音楽をきくような感覚でアニメーションを自由に楽しんでいただけたらと思っています。

本編に引続き『WONDER』特別上映のエンドロールがあがりきろうとする寸前、自然とおこった拍手は、明るくなるに伴って場内に広がっていった。それはまるで、いままでスクリーンに映し出されていた細胞が、場内を巡って拍手を引き起こし、自然にゆったりとした空気に包まれたかのよう。そしてトーク本番。

■ベルリンでの『WONDER』上映について■ すごいリラックスして楽しんでいるみたいで、上映が終わった後「ぬはーっ!」って、エンドクレジットでタイトル“WONDER”と出た時に「ぬはーっ!」て。初めてでした。

■本作は『WONDER』に向かっていく構成で作られている長編映画と呼んでいいか?■ 何言ってるんですか、長編デビューですよ僕(笑)。制作順に並べちゃうと、「引退かな」って。僕はまだこれからどんどん作る。ただ順番に並べるのではなくて、音楽の流れ方というか、この音楽の後にはこの音楽が良いだろうなぁというのを考えて並べました。

■ほとんどの映像に音楽が乗っているが、音楽と映像の関係について■子どものとき、ディズニーの『ファンタジア』とかが好きでした。小学生のとき、音楽の時間にクラッシックを聴く授業がすごく好きで、目を閉じて自分の中でディズニーのアニメーションを展開させたりするという遊びをやっていました。音から形やビジュアルをイメージをしていく遊びがすごく好きで、その延長線上にあるのがアニメーションかなぁという、そういう感じですかね。

会場からロビーに出た観客は、23時半近いという遅い時刻にもかかわらず立ち去ろうとする事なく、監督に言葉をかけ、展示してあるkawalaの衣裳をきたマネキンや FRAMED*で立ち止まるなど、余韻を楽しむかのように多くの観客がロビーに残り「愉しかった」という声に混じり「病気が治りそう。体内の原初の生命が動きだしたかしら」という声もでていた。

[パンフレット無料ダウンロード] 公開記念トークイベント開催日は、ベルリン映画祭上映に使用した5.1ch DCPで『WONDER』を特別上映のほか、イベント日ごとに水江未来が描き下ろすイラストをプレゼント。初日は来場者全員に渡したイラストについて「この日のために描いたものです。ウーパールーパーですこれ。コピーしていただければいくらでも複製できるので、楽しんでください」。本作パンフレットは、モニター閲覧専用で無料ダウンロードで提供(来場時にリンクアドレス他必要情報をお渡しする)。

[映画『ワンダー・フル!!] 映画、アート、実写、アニメの枠を超え、いま世界がもっとも熱い視線をそそぐ日本人アニメーション作家・水江 未来の作品を一挙に紹介する試み。『MODERN No.2』で2011ベネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門正式上映(翌年アヌシー国際アニメーション映画祭最優秀映像音楽賞を日本人初受賞)、続く監督最新作『WONDER』が2014ベルリン国際映画祭短編コンペ部門正式上映…30カ国200を超える映画祭で上映、世界中で愛され続け、国境も性別も年齢も凌駕する、歓喜に満ちた生命のシンフォニー!噂のノンナラティブ・アニメーションムービーが日本初お目見え!極めて稀といわれる、インディペンデントのアニメーション作家作品の一般劇場でのロードショー公開にあたって、水江は自選14作品(劇場初は10作品)を1本の長編素材としてまとめあげた。 2013|日本|カラー|デジタル上映|ステレオ|79分|©2014 CALF

 絶賛上映中! 
ヒューマントラストシネマ渋谷にて都内独占ロードショー!
3/29(土)~横浜シネマ・ジャック&ベティ、4/12(土)~テアトル梅田、京都シネマ、5月 伏見ミリオン座、神戸アートビレッジセンター、初夏 札幌シアターキノ 他順次全国公開

wonderf_0222_3359_trim wonderf_0222_3416_trim wonderf_0222_3338_trim

 

Bookmark and Share