『KOTOKO』第6回トゥール モヴァス映画祭<観客賞>受賞!まだまだ続く世界上映!

04.10.2012 · Posted in domestic, news, tweet, world

Cocco初主演 塚本晋也最新作KOTOKO 第6回トゥール モヴァス映画祭<観客賞>受賞!

Skypeで参加の塚本晋也監督にフランス人観客から歓声と拍手!

イタリア(ベネチア、レッジョ・エミリア)、エストニア(タリン-ブラックナイト)、そしてフランスで受賞!

まだまだ続く世界上映!

第30回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 7th Orbitコンペティション(4月5日-17日/ベルギー) NIPPON CONNECTION 2012 NIPPON CINEMA コンペティション(5月2日-6日/ドイツ)

 

“KOTOKO” won Prix du Public at 6ème ÉDITION DU FESTIVAL INTERNATIONAL DE CINÉMA DE GENRE DE TOURS, DU 4 AU 9 AVRIL 2012

 

[2012.4.10マコトヤ発信]

Cocco初主演・塚本晋也監督最新作『KOTOKO』(テアトル新宿他にて公開中/マコトヤ配給)が、第6回トゥール モヴァ ス映画祭ー(2012年4月4日 – 4月9日/フランス)が観客賞を受賞し、 現地時間4月9日20時(日本時間4月10日午前4時)からの閉会式で発表されたので、お知らせします。

トゥール モヴァス映画祭は、フランス古城巡りの拠点として有名なフランス西部ロワール地方の都市トゥールで開催。今年 で6回目となるこの映画祭は、公序良俗や常識をくつがえす痛烈に過激で危険な映画、ミステリー、スリラー、コメディ、探 偵もの、ドラマ、ファンタジー等を集めて行われている(短編映画と長編映画それぞれコンペティション部門もある)。トゥー ル大学をはじめとする多くの学校や研究機関がある都市ならでは、自由な雰囲気の中に目の肥えた観客が集まった映画 祭での観客賞受賞となった。

◎Skypeを通じてフランスの閉会式に参加した塚本晋也監督からのコメント

4月10日、日本時間、午前4時。映画祭授賞式に、スカイプで参加しました!こちらは早朝ですが、フランスは夜の8時。会 場には大勢のお客さんが詰めかけていて、スカイプがつながるなり、おおーっと歓声が巻き起こりました。 向こうのスカイプ カメラは、観客や、司会者、舞台上を縦横無尽に写していて、舞台には僕の顔が映し出されていま す。受賞したの は、観 客賞。スカイプなので手短にしか話せませんが、司会者の質問に一言答えるたび、この状況自体の面白さも手伝って、客 席からはわーっと歓声がわき起こります。Coccoさんの熱演が、目の肥えたお客さん にもしっかり届いたのだと実感しまし た。最後は、客席の皆さんが立ち上がって、こちらに向かって長いこと拍手をし てくだ さいました。こちらは仮眠後のぼうっ とした頭、不思議な状況。でもパソコンからは、海を超えた場所の方々のあたた かい 反応と拍手。世界がどんどん小さく なっていく喜びを感じました。観客賞。お客さんが選んでくれた賞。Coccoさんと一緒に 作った映画が、お客さんに届いた こと。それが本当にうれしいです。

本作は、第30回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 7th Orbitコンペ部門(4月5日-17日/ベルギー)、NIPPON CONNECTION 2012 フランクフルト日本映画祭 NIPPON CINEMA コンペ部門(5月2日-6日/ドイツ)など、引き続き世界各国の映画祭での正式上映が決定。
なお、NIPPON CONNECTION 2012には、監 督の塚本晋也自身も参加予定である。

 

Bookmark and Share