『ふゆの獣』 JAPAN CUTSで正式上映・北米プレミア決定! "Love Addiction" dir.Nobuteru UCHIDA's North America Premiere

06.07.2011 · Posted in domestic, news, tweet, world

7月2日(土)からテアトル新宿にて緊急公開が決定し、新しい映画作法ともども話題の、映画史上最も暴力的で、最も話題の恋愛映画『ふゆの獣』が、台北映画祭パノラマ部門(6/24-7/16、Taipei)での上映に引続き、ニューヨークのJAPAN CUTS(7/7-22、New York-USA)正式上映され、北米プレミアさることが決定しました。

『ふゆの獣』は、第11回東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞以来、ロッテルダム国際映画祭2011コンペティション部門、香港国際映画祭2011 Indie Power部門、ニッポンコネクション Nippon Cinema部門で正式上映され、大きな評価を獲得してきました。

we are happy to announce that “Love Addiction” directed by Nobuteru UCHIDA will be  official screened  for 13th Taipei Film Festival- Panorama, June 24-July 16 and for Japan Cuts, July 7-22 on New York.  In Japan it will start to theatrical release on July 2nd at Theater Shinjuku and continue about 20 theaters.

JAPAN CUTS
【地   域】 米国・ニューヨーク
【会   期】 2011/7/7-22
【会   場】 JAPAN SOCIETY
【上 映 日】 2011/7/16(土)16:00PM 北米プレミア

JAPAN CUTSは、いまの日本映画を見せる催し。今年は、深作欣二監督『バトルロワイヤル』や手塚治虫監督『仏陀』や『ガンツ』をはじめ、『酔いがさめたら、うちに帰ろう』『臍帯』『ヘヴンズ・ストーリー』『名前のない女たち』『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』『乱暴と待機』などの北米プレミアや、『劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』インターナショナル・プレミアなど、日本映画32作品が紹介される。会場にもなっているJAPAN SOCIETYは日本文化を多角的に紹介し続ける非営利法人、この春には『竜二』手動字幕でを海外初上映した。

台北映画祭 13th Taipei Film Festival
【地   域】 台湾
【会   期】 2011/6/24-7/16
【上 映 日】 2011/7/11(月)17:00PM 7/13(水) 22:00 冬戀四角獸
【上映 部門】 パノラマ部門 アジアの声

パノラマ部門。本作が上映されるVoices from Asiaでの他作品は、小林政弘監督『春との旅路』、阪本順治監督『行きずりの街』。Midnight Shockで 塚本晋也監督、是枝裕和監督ら4監督が腕を競った『NHK文豪怪談』。他瀬々敬久監督特集も。

Bookmark and Share