ベネチア・カフォスカリ短編映画祭 in JAPAN

2022.10.7.Fri-10.20.Thu

シネ・リーブル池袋

2022.10.7.Fri-10.20.Thu

シネ・リーブル池袋

2022年5月にベネチア大学ほかベネチア島の複数会場で開催された第12回カフォスカリ短編映画祭を空気感ごと移植し、世界最高峰が集結したプログラムの一部を日本初上映。そして、商業映画館で短編映画すべてがDCP上映される日本初の試み。『ベネチア・カフォスカリ短編映画祭 in JAPAN』は、映画についてワクワク語ること・映画を作ろうと集まること・そして何より映画を通して世界を目にし心を分かちあい世界中の人々とつながりたいと思う人たちが集うこと、誰もがホンモノの映画祭を楽しめる日本初の機会。

グランプリ受賞のデリバリー配達員の日々を描いたブラジルのミュージカル『ネオン・ファントム 』ほか12回インターコンペ ノミネート30作品から9作品。スペシャルプログラムは『真夜中乙女戦争』の二宮健監督が大阪芸術大学在籍時に作った2015年ノミネート『Daughters』を含む3つの日本作品。世界最高峰の短編を全作品DCP化し日英字幕付で上映します。

about the movies

Main Program2022

インターナショナルコンペティション作品より8作品+高校生作品1作品

ネオン・ファントム

監督:レオナルド・マルティネッリ|2021|ブラジル|ポルトガル語|20分  Fantasma Neon – Neon phantom Leonardo Martinelli

☆2022年カフォスカリ短編映画祭グランプリ ☆2021年ロカルノ映画祭最優秀国際短編映画賞(金豹賞)

フードデリバリー配達員はバイクを買って、もっと稼いで、旅行し、ミュージカル映画のような生活を夢見ている。だが、不十分な賃金、無愛想な客、絶え間ない脅迫など現実に打ちのめされる。俳優と実際の配達員がブラジルの音楽とダンスを通して生の現実と可能性を観客にもたら音楽ハイブリッド映画。監督は博士課程在籍中に「ブラジルの新人映画監督トップ10」に選出されている。

Fantasma Neon – Neon phantom  Leonardo Martinelli Pontifícia Universidade Católica do Rio de Janeiro(PUC-Rio) ©Leonardo Martinelli

脳内爆笑

監督:アリ・アスタラキ|2021|イラン|セリフなし|7分15秒  My brain burst out laughing Ali Astaraki

あらゆる人間は世界の不条理な要因の捕虜であり、自分以外の人間を物質的な欲望の虜にするという事象が歴史的に繰り返されている。テヘラン在住のアニメーター、コンセプトアーティスト、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしても注目される1993年生まれの監督による人類に対する警鐘。

My brain burst out laughing Ali Astaraki University Sooreh ©Ali Astarak

野の匂い

監督:アンドリアーナ・ヤルモノバ|2021|ウクライナ|ウクライナ語|20分20秒  Zapah polya – The smell of the field Andriana Yarmonova

コーリャは問題のある家庭で暮らしている。彼の一番の夢は、母親が酒をやめること。この監督自身の物語が、アルコール依存や家庭内暴力に苦しむ人たちに別の道があることの気づきになればと語る。1996年フェオドアに生まれ、国立航空大学航空宇宙研究所応用物理学部学士号を取得後に演出を学び完成させた。その後に戦地となったウクライナから持ちだした大切なもののひとつが本作の映像データだが「占領地で暮らす大好きな母と話続けられるか分からない」と彼女は語る。

Zapah polya – The smell of the field Andriana Yarmonova Kyiv National I. K. Karpenko-Kary Theatre, Cinema and Television University ©Andriana Yarmonova

トイナー博士

監督:オンドレジュ・ベベルカ|チェコ共和国|チェコ語|28分36秒  Teuner Ondřej Veverka

保護国協力隊の元代表でボヘミアモラヴィア青少年教育キュラトリアムのリーダー、トイナー博士の戦後の運命を実話に基づき描いた心理ドラマ。1950年代の共産主義下の刑務所で、彼は獄医としての献身的な姿勢で多くの囚人の共感を得たが…。南モラヴィア生まれの監督が『アマデウス』などミロス・フォアマン作品の撮影監督が後援する映画学校で撮った。

Teuner Ondřej Veverka Film Academy of Miroslav Ondříček in Písek

ププス

監督:ミリアム・コッス|2021|イタリア|イタリア語|32分  Pupus Miriam Cossu

ある小さな劇場に、人形遊びが大好きな子供がいた。彼は、想像力で満たされた観客の沈黙に包まれながら、小声で物語を朗読している。1990年パレルモ生まれの監督が、ユネスコの世界無形文化遺産、シチリアの伝統的な人形劇を伝えるマンクーゾ家の小さなシアターラボを舞台に、芸術の伝承過程における父と子の関係を調査した観察ドキュメンタリー。

Pupus Miriam Cossu Sparagano Ferraye Centro Sperimentale di Cinematografia – Sicily ©Centro Sperimentale di Cinematografia

お墓のテーブル

監督:ミラク・ジンベライ|2021|コソボ|アルバニア語|15分55秒  Sofra e Varrit – The table of grave Mirak Zymberaj

家族と離れて暮らす孤独なウカ。ある日、彼の家の玄関先に娘の姿を目にする。息子とともにセルビアの準軍事組織の包囲網から逃れてきたという。だが、ここも完全に包囲されている地域、しかも彼の家に民兵が居ついた。ウカは狂っていると見せかけ、妻の墓の横にある地下の棺に娘と孫を隠す。厳しい環境下でも生きることを諦めない。監督は、俳優としても活動する1997年生まれ。

Sofra e Varrit – The table of grave Mirak Zymberaj University of Prishtina Faculty of Arts

見果てぬ愛の物語

監督:ザビエル・アロンソ|2021|チリ|スペイン語|26分07秒  Una historia de amor imposible – An impossible love story Javier Alonso

殺された青年の家に幽霊がでるという。家に忍び込んだ少年はそこで見つけた日記に綴られた隠された愛の物語を追体験する。切ない衝撃の愛。1995年サンチャゴ生まれの監督は都市近郊の日常生活から得たクィアなイメージを批評的な視点で分析する。

Una historia de amor imposible – An impossible love story Javier Alonso Universidad de Chile, Istituto de la Comunicación e Imagen

もう一人の白い少女

監督:メデッセ・アグンジェ|2021|ベナン|フランス語|12分32秒  Une autre blanche – Another white girl Medessè Agohoundjè

☆2022年カフォスカリ短編映画祭パテ・サバリー多文化賞 ☆同映画祭 WeShort特別賞

セーチェメ(20歳)は、肌の色が両親や姉たちとは違う「普通の人」。自分を受け入れられず孤独だ。しかし、友人のメラニーは彼女を笑顔にし、夢を見させ、セーチェメは愛について考えはじめる。アイデンティティを模索する若きアルビノを描いた心理ドラマは1994年生まれの監督のISMの卒業制作作品。

Une autre blanche – Another white girl Medessè Agohoundjè Institut Supérieur des Métiers de l’Audiovisuel ISM ©ISMA 2022

サウンド・オブ・ボーダーズ

監督:バハール・レズバニファ|2021|イラン|英語|1分24秒  Sound of borders Bahar Rezvanifar

☆オルガ・ブルナー・レビ 高校生コンペティション グランプリ

世界のどこか別の場所に生まれた自分を想像する少女。監督は2004年イスファハン生まれ。「この世界では、生まれた国によって、ある人々にはたくさんの制限があります。しかし、私たち一人ひとりは、さまざまな能力や情熱を持った特別な存在なのです。顔や体、肌の色で私たちが決まるわけではありません。 なぜなら、自分が自分であることは、どんなことであれ、お互いを受け入れることにつながるからです」。

Sound of borders Bahar Rezvanifar Fazili Art High School,Isfahan ©Bahar Rezvanifar

Special program

日本作品 3作品

Daughters

監督:二宮健|2014|日本|20分

☆2015年カフォスカリ短編映画祭インターナショナルコンペティション ノミネート

妻に先立たれた老人・実は、区画整理で長年住んでいた家を追い出される。宿なしとなった実は、妻が大事に育てていた植木鉢を片手に、秩父に住んでいる娘たちを訪れる…。『チワワちゃん』『真夜中乙女戦争』の二宮健監督が、主演に山谷初男さんを迎えて撮った、これまでとは一線を画する静謐な作品。

©2014 ASHTRAYARTS

バグマティ リバー

監督:松本優作|2021|日本・ネパール|日本語・ネパール語|29分

☆2022年カフォスカリ短編映画祭 East Asia Now部門上映

那月のもとに届いた一通の絵葉書。差出人は登山家として知られた兄。10年間会っておらず2年前にエベレストで行方不明になった兄を探しに東京からネパールへとやってくる。兄は生きているのか、なぜ山に向かったのか…。出演は阿部純子、小橋賢児ら。撮影のほとんどはネパール。1992年神戸生まれの監督は『Noise ノイズ』『ぜんぶ、ボクのせい』など実体験をもとに社会を見つめ死を描き続ける。「本作は2018年に登頂中に事故で亡くなった友人の登山家、栗城史多(享年35)の死を受け入れるための映画でもある」。

©MOON CINEMA PROJECT

よろこびのうた Ode to joy

監督:三島有紀子|2021|日本|日本語|10分

☆2022年カフォスカリ短編映画祭「三島有紀子の世界」上映

ポスティングのパートと年金で、ひとり細々と生きる75歳の冬海。ある日、海での散歩の途中、東北弁を話す優しい青年・歩と出会い、とある仕事に誘われる。もし100歳まで死ななかったらあと25年・・・生活の不安、ちょっとした贅沢をしたいという小さな欲望。怪しいと理解しつつも報酬に惹かれ、引き受けることに決める冬海。お金と安心を得るため、二人は背徳的な仕事へと車を走らせる。ソニーのコロナ禍の映画人支援プロジェクト映画『DIVOC-12』の一編として、監督は、世界が同じ時に同じ問題を抱えていることそのもの=「共有」をテーマに撮った。

© 2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

about us

短編映画祭の作品が日本で商業配給され映画館で上映されるというのは、前代未聞のニュースです。ベネチア大学にとっては情熱的な学生チームとともに行った研究の素晴らしさが認められたということ。 選ばれたフィルムメーカーにとっては、魅力的な映画界へのキャリア最高のステップとなることでしょう。 

アルベルト・バルベラ:ベネチア国際映画祭ディレクター

カフォスカリ短編映画祭は数少ない特別な機会、成長中のフィルムメーカーが集い、彼らの作品を共有し、同時にその情熱と展望を育んでいくのです。いかなるアーティストにとっても、美しいロケーションとクリエイティブでポジティブな環境はうらやましい限り。次世代の映像作家が育っていくのを目の当たりにできるのはとても嬉しいことです。毎年、どんな作品が登場するのか楽しみでなりません。 

ロッブ・プラット:ディズニー・テレビジョン・アニメーション スーパーバイジング・ディレクター

カフォスカリ短編映画祭で上映される作品は、商業映画や巨匠の芸術映画も含めた映画全般でみてもクオリティの高い作品が多い、とになった方はいいます。学生が主体となって運営する映画祭に来てよかった、映画初期衝動に満ちた刺激的な日々を楽しんだとも耳にしす。日下部さんとともに12年前に始めた映画祭に集まる作品は数も質も当初からは信じられないほどになりました。日本での劇場公開躍の象徴です。

ロベルタ・ノヴィエッリ:ベネチア・カフォスカリ短編映画祭ディレクター、ベネチア大学教授

イラスト ロレンツォ・マトッティ
配給:マコトヤ
協力:東京テアトル
後援:イタリア文化会館